美術館について

DIC川村記念美術館は、印刷インキや有機顔料など幅広い分野で彩りと快適を提供するDIC株式会社のサステナビリティ活動の一環として運営しています。
1990年、千葉県佐倉市の総合研究所敷地内に開館した当館は、20世紀美術を中心とした多彩なコレクション、作品にふさわしい空間づくりを目指した海老原一郎設計による建築、四季折々の変化が楽しめる美しい自然環境。これら「作品」「建築」「自然」の三要素を調和させた美術館として、多くの方々に親しまれています。

当社創業家の第2代社長であり、初代館長をつとめた川村勝巳(1905-1999)は経営の労苦の合間にひとり絵と語らう時を大切にしていました。この喜びを独占すべきではないとの想いから美術館構想を立ち上げ、収集を本格化させたのは1970年代初頭のことです。
彫刻家・飯田善國らの助言を得て、未だ紹介されていなかった同時代作家の作品や、当時ヨーロッパで評価され始めたルイスやステラなどアメリカの現代絵画も早い時期に購入し、国内でまとめて見る機会が少なかった20世紀美術のコレクションを充実させました。

コレクション公開のみを想定して設立された当館ですが、開館後まもなく良質な展示作品が話題を呼び、来館者の要望に応えるために毎日定時の「ガイドツアー」と年に数回の企画展を開催する体制を整えるに至りました。
2008年には、DIC株式会社の創業100周年記念事業の一環として、ロスコ・ルームと企画展用展示室が増設され、より多くの美術作品を展覧できるようになりました。

現在、当館では、教育普及活動として定時ガイドツアーのほかに、「DIC川村記念美術館友の会」の運営、小中学校のクラス単位での美術館見学を補助する「美術教育サポート」などを行うとともに、近隣市町村の小中学生・高校生の作品発表のために付属ギャラリーを会場提供しています。
また、緑豊かな3万坪の庭園は訪れる人々の憩いの場となっています。


DICについて

―化学で彩りと快適を提案する― DICは印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンドで世界トップシェアの化学メーカーです。1908年、印刷インキの製造と販売で創業し、その基礎素材である有機顔料、合成樹脂をベースとして、自動車、家電、食品、住宅などの様々な分野に事業を拡大。現在、世界の60を超える国と地域にグローバルに事業を展開しています。

DIC株式会社