image.jpg

描く、そして現れる
―画家が彫刻を作るとき

「描く、そして現れる ―画家が彫刻を作るとき」展の開催を予定しています。

2019年9月14日(土) - 12月8日(日)

時間:
9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:
月曜(ただし9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
主催:
DIC株式会社
協力:
株式会社キュレイターズ

入館料

  • 一般 1,300円
  • 学生・65歳以上 1,100円
  • 小中学生・高校生 600円

団体(20名以上):

  • 一般 1,100円
  • 学生・65歳以上 900円
  • 小中学生・高校生 500円

障がい者手帳をお持ちの方
(付き添い1名まで同料金):

  • 一般 1,000円
  • 学生・65歳以上 800円
  • 小中学生・高校生 400円

※各種割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要です

※本チケットでコレクション展示もご覧いただけます

概要

絵の中の世界には、存在しえないものも自由に描き出せる特権があります。ところがすぐれた画家たちの中には、重力と物質の制約がある現実世界にあえて手を広げ、斬新な立体作品を制作した作家たちがいました。ピカソをはじめとする、従来の方法にとらわれない画家ならではの視点が、20世紀の彫刻の歴史を更新したともいえるのです。

絵の中の二次元の像を、画家はなぜ、どのように3D化するのでしょうか。もともと絵は現実世界を二次元に写すことから始まりますが、画家の彫刻はイメージを実体化しようとして、絵画思考を新たに触発していく契機にもなっていきます。

本展では、画家の平面と立体の作品を両方並べて展覧します。絵と彫刻はどのように通じあい、どのように異なり、互いに関係しあうのか。国内外の約20人の画家たちが、カンヴァスから踏み出して試みた実験を、どうぞご覧ください。

 

出品作家(予定)

五十嵐英之、榎倉康二、岡本太郎、菊畑茂久馬、草間彌生、ドナルド・ジャッド、クルト・シュヴィッタース、ジャスパー・ジョーンズ、フランク・ステラ、ジム・ダイン、高松次郎、ウィレム・デ・クーニング、マルセル・デュシャン、サイ・トゥオンブリー、中西夏之、ジャコモ・バッラ、リチャード・ハミルトン、パブロ・ピカソ、ルネ・マグリット、ピエロ・マンゾーニ、ジョアン・ミロ、山口勝弘、ロイ・リキテンスタイン、ソル・ルウィット