美術館

HOME > 美術館 > 展覧会 > 過去の展覧会 > 「絵画の森」戦後日本美術の作家たち

過去の展覧会

リニューアル2008 コレクション展示
川村記念美術館「絵画の森」 戦後日本美術の作家たち

桑山忠明 《無題(黄、銀、銀、黄)》 1972年

会期
2008年12月12日(金)―2009年2月1日(日)
開館時間
午前9時30分-午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(ただし1/12は開館)、12/25-1/1、
1/13
主催
川村記念美術館(DIC株式会社)

本展覧会は終了しました。
本内容は展覧会開催期間中の情報で、現在開催中の展覧会情報とは異なりますので、ご注意ください。

川村記念美術館では2008年3月のリニューアルオープンにともない、美術館を周囲の環境も含めたひとつの森に見立てて「絵画の森」と題し、夏季と冬季にそれぞれ約120点の所蔵作品を展示しています。冬季はコレクションのなかでも今までまとめて展示される機会の少なかった戦後日本美術の作品を中心にご紹介いたします。

戦後、日本で活動した美術家たちは、海外の美術動向と並行しながらも独自の表現を追及してきました。それは慣習化し精彩を失った従来の芸術観をくつがえし、そこからあらためて芸術とは何か、さらには人間とは何かといった問題を考えていく行為でもありました。

今回は、新たな表現を牽引した瀧口修造(1903-1979)、斎藤義重(1904-2001)らの作品に加え、ニューヨークを拠点に単色の平面を構成した作品の制作を続ける桑山忠明(1932-)、鉄を素材とした彫刻作品によって空間や時間についての思索を行った若林奮(1936-2003)、ものを作り出すのではなく、ものと人と空間の関係自体に注目し、世界と直接に関わろうとした李禹煥(1936-)の作品などを展観します。

レンブラントや印象派からシュルレアリスムの作品、さらにはバーネット・ニューマンの《アンナの光》など欧米の傑作とともに、日本で生まれた同時代の表現を鑑賞することで、異なる文化から派生した美術の多様な森を実感していただければ幸いです。

「戦後日本美術」の出品作家:

瀧口修造、菅井汲、堀内正和、飯田善國、山口勝弘、オノサト・トシノブ、斎藤義重、 荒川修作、桑山忠明、高松次郎、李禹煥、若林奮、中西夏之、杉本博司

若林奮 《振動尺I~IV》 1979年
©WAKABAYASHI STUDIO

李禹煥 《線より》 1983年

瀧口修造 《デカルコマニー》 1964年

オノサト・トシノブ 《巴・緑》 1969年
©ROKUMARU ONOSATO

斎藤義重 《「反対称」三角形》 1976年

飯田善國 《ヘクサヘドロン(六面体)》 1973年

杉本博司 《パラマウント、ロサンジェルス》 1997年
©Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi

定時ガイドツアー

毎日午後2時より、当館ガイドスタッフによるコレクション解説があります。
開始時刻までにエントランスホールにお集まりください。

参加費
= 入館料のみ

※団体のお客様のための特別ガイド(入館料+お1人につき500円)も承ります。
ご来館予定日の10日前までにお電話でご予約ください。
団体のお客様へ

音声ガイド機器の貸し出し

上記ガイドツアーの時間帯以外にお越しいただくお客様や、ご自分のペースで鑑賞しながら解説をお聞きになりたいお客様のためにご用意しました。

貸出料
= 1台 500円
会期
2008年12月13日(土)―12月24日(水)
※12/15、12/22は休館日のためお休みします。
時間
午前10時-午後4時30分
会場
庭園内ギャラリー(レストラン下)

ヨーロッパの街角で毎年11月から12月にかけて開かれるクリスマス市の雰囲気をお届けします。ドイツの民芸玩具や人形、ツリー装飾、絵本、CD、キャンドル、カレンダー、ホットワイン、カプチーノ、焼き菓子などを販売するほか、ランチタイム(11:30-14:00)には煮込み料理とパン、キッシュのセット(800円)をご用意してお待ちしております。

一般
1000円
学生・65歳以上
800円
小中学生・高校生
500円

[20名以上の団体(下記料金は1名分)]

一般
900円
学生・65歳以上
700円
小中学生・高校生
400円

[障がい者手帳をお持ちの方(+付き添い1名まで)]

一般
800円
学生・65歳以上
600円
小中学生・高校生
300円
  • ※学生と65歳以上の割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要です。
  • 美術教育サポートプログラムもご活用ください。(1クラス 3500円)

過去の展覧会一覧

今まで開催された展覧会の一覧をご覧いただけます。
過去の展覧会一覧

  • 美術館