美術館

HOME > 美術館 > 展覧会 > 開催中の展覧会

過去の展覧会

松伯美術館コレクション
上村松園 素描、下絵と本画

《鼓の音》 1940(昭和15)年
松伯美術館所蔵

会期
2011年2月15日(火)―2011年3月27日(日)

※東日本大震災の影響により、3/11で打ち切りとなりました。
開館時間
午前9時30分-午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(ただし、3/21は開館)、3/22(火)
主催
川村記念美術館(DIC株式会社)
後援
千葉県、千葉県教育委員会、佐倉市、
佐倉市教育委員会
協力
財団法人松伯美術館

本展覧会は終了しました。
本内容は展覧会開催期間中の情報で、現在開催中の展覧会情報とは異なりますので、ご注意ください。

近代日本画を代表する画家上村松園(1875-1949年)は、女性としての強い意志と品格を備えた美人画で広く知られていますが、多くの素描も残しています。本展は、素描や下絵を色鮮やかな本画とともに展示し、また、ゆかりの品々をあわせて紹介することで、制作の秘密や、線描のすばらしさ、さらにはその人物像に迫るものです。上村家三代のコレクションで知られる松伯美術館(奈良市)の協力により、本画7点、下絵・素描約80点に加え、愛用の筆や文化勲章などを展観します。

松園の素描は、櫛やかんざし、能面などを見つめる画家の鋭いまなざしや、人物を写す際の生き生きとした筆致が見られ、本画とは異なった魅力があふれています。また、自ら薄紙をこよりで綴じて持ち歩き、あらゆる場所に赴いて古画等の模写を行っていますが、さまざまな情報が詰まったこれら縮図帖(スケッチブック)は、画家にとってかけがえのないものでした。

情念や狂気を描き出した《花がたみ》(1915年)から、静かな外観の中に深い精神性を湛えた《鼓の音》(1940年)に至るまで、表現は制作年代により変化しますが、古きよき京都の風情や江戸期の情緒、人間の想いを格調高く昇華するための能のテーマなど、作品に込められた多くの要素は見るものを魅了します。

表面的な女性美のみならず内面や精神の美しさを捉えようとした松園の作品が、なぜ決して通俗的にならず常に品格を保っているのか、画家の意図が直接あらわれた素描や下絵を見ることで、その秘密に直に触れることができるのではないでしょうか。特に代表作の一つである《花がたみ》は関連する素描が多く残されており、本展ではこれらを本画、下絵とともにご紹介します。

《花がたみ》 1915(大正4)年
松伯美術館

《花がたみ》 下絵 1915(大正4)年
松伯美術館

《富勇1》 制作年不詳 松伯美術館
※富勇は 《花がたみ》 のモデルをつとめた祇園の芸妓

《花がたみ》 素描 1915(大正4)年
松伯美術館


作品リストをダウンロード(PDF:170KB)

《草子洗小町》 下絵 1937(昭和12)年
松伯美術館

講演会「松園芸術の原点」

鬼頭美奈子[松伯美術館学芸員]

3/19(土) 14:00-16:00

松園の生涯および作品の魅力についてお話しいただきます。
聴講費=入館料のみ|先着60名|当日12:00より美術館受付で希望者に整理券配布

学芸員によるギャラリートーク

赤松祐樹[川村記念美術館学芸員]

2/15(火)、2/26(土)、3/12(土)、3/26(土) 14:00-15:00

展覧会の担当学芸員が展覧会の解説を行います。
聴講費=入館料のみ|先着40名|14:00エントランスホール集合

ガイドスタッフによる全館ガイドツアー

講演会と学芸員のギャラリートーク開催日を除く毎日14:00-15:00

会場混雑時にはコレクションのみのガイドとなる場合があります。
参加費=入館料のみ|先着40名|14:00エントランスホール集合

扇をスケッチする松園、年代不詳
撮影=木村伊兵衛

出品作品すべてのカラー図版に加え、関連図版も多数掲載。松伯美術館学芸員の鬼頭美奈子氏による論考「松園芸術の原点」掲載。当館ミュージアムショップにて販売します。
発行=川村記念美術館|デザイン=森大志郎|価格未定


会期中は館内のお茶席で、当館所蔵の松園作品《桜可里》をイメージしたお菓子と抹茶のセットをお召し上がりいただけます(一服700円)。お菓子のデザインは、成田山表参道の「米屋」で活躍している若い女性の職人さんによるものです。



一般
1,200円
学生・65歳以上
1,000円
小中学生・高校生
500円

[20名以上の団体(下記料金は1名分)]

一般
1,000円
学生・65歳以上
800円
小中学生・高校生
400円

[障がい者手帳をお持ちの方(+付き添い1名まで同料金)]

一般
900円
学生・65歳以上
700円
小中学生・高校生
300円
  • ※学生と65歳以上の割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要です。
  • ※美術教育サポートプログラムもご活用ください。(1クラス 3500円)

過去の展覧会一覧

今まで開催された展覧会の一覧をご覧いただけます。
過去の展覧会一覧

  • 美術館