美術館

HOME > 美術館 > 展覧会 > 過去の展覧会

過去の展覧会

美術は語られる-評論家・中原佑介の眼-

来日したハンス・リヒターを囲んで 1966 年
(左より 瀧口修造、中原佑介、ハンス・リヒター)
撮影者不詳 ハンス・リヒターのサイン入り
中原佑介コレクション

会期
2016年2月11日(木・祝)-4月10日(日)
開館時間
午前9時30分-午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜(ただし3月21日は開館)、3月22日(火)

※2月14日(日)はDIC株式会社の創業記念日につき入館無料

主催
DIC株式会社
後援
千葉県 / 千葉県教育委員会 / 佐倉市 / 佐倉市教育委員会

本展覧会は終了しました。
本内容は展覧会開催期間中の情報で、現在開催中の展覧会情報とは異なりますので、ご注意ください。

美術館のコレクションはどのような基準で収蔵され、展示構成されるでしょうか。その基準こそ各美術館のポリシーでありアイデンティティですが、同時代および同じ領域における共通の基盤というべきものも存在しています。その基盤はジャーナリズム、マーケット、研究者そして国内外の美術館活動など様々な要因が密接に関わりあいながら形成されていく美術史観だといえるでしょう。本展は、ひとりの美術評論家の仕事から、主に1960年~70年代の美術がどのように日本で紹介され、評価されてきたかを、当館所蔵作家を中心に振り返ろうとする試みです。

中原佑介(1931‐2011年)は、戦後日本を代表する美術評論家のひとりです。理論物理学を学んだ京都大学理学部在学中に『美術批評』誌の評論募集(1955年)で一席に選ばれて評論活動を開始しました。前衛作家を支持し、理論的な評論を多数手がけて長く第一線で活躍しながら、「不在の部屋展」(1963年)、「人間と物質展」(1970年)など展覧会企画においても功績を残しました。
中原は国内外の多くの前衛作家たちと交流し、彼らに関する評論文を書きました。美術評論家は画廊などの展覧会リーフレット、雑誌記事、画集、美術館の展覧会カタログ、さらには自身の著作など、さまざまなメディアに文章を発表します。それらは時を重ねながら社会性を強め、作家の評価をかたち作る要因となります。作り手が制作を重ね、自他ともに認める地歩を築く過程に、評論家の仕事もあると言えるのではないでしょうか。

当館コレクションには、中原と交友をもった作家、評された作家たちの作品が数多く含まれています。本展では当館所蔵の現代美術作品を中原の視点からとらえ直し、当時の出版物等の一部を紹介するとともに、彼の元に残された小品のコレクションから約40点を選んで、共に展覧いたします。

第Ⅰ章 先駆者たち

瀧口修造、岡本太郎、オノサト・トシノブ、斎藤義重 ほか

1955年に中原佑介が評論活動を始めた時、大きな影響を与えたのは、戦前から活躍していた前衛の評論家と作家たちでした。時代のヒーローだった岡本太郎の強い影響を受け、前衛主義をその後も貫いた中原ですが、『美術批評』誌の美術評論募集で一席を獲得し、評論活動を始めた受賞後第一作に、挑戦的な「岡本太郎論」を書いています。
戦前からシュルレアリスム研究と評論で活躍していた瀧口修造は、敗戦後の日本に新しい前衛美術が育つことを願って、新人作家、新人評論家を見守り、大きな影響を与えました。

オノサト・トシノブ 《巴・緑》 1969年
DIC川村記念美術館
©ROKUMARU ONOSATO

斎藤義重 《ハンガー》 1967年
DIC川村記念美術館

第Ⅱ章 同世代作家たち

河原温、池田龍雄、中村宏、立石紘一、高松次郎、中西夏之、赤瀬川原平、李 禹煥 ほか

中原と同世代の戦後派の前衛作家たちは、新しい美術を目指す同志でもありました。河原温、池田龍雄たちが描き出した、鬱屈した人間像が注目された1950年代の動向を、中原は批判的に分析して「密室の絵画」(『美術批評』1956年6月号)を書きました。高松次郎、中西夏之、赤瀬川原平が1963年に結成したグループ、「ハイレッド・センター」の顧問をつとめて雑誌等に紹介文を書く一方で、中原は、中村宏と立石紘一のグループ、「観光芸術」(1964年結成)にも深くかかわっています。

河原 温 《印刷絵画 植民地の怒り》 1959年
中原佑介コレクション
©Estate of the Artist

立石 紘一 《DE-ART(である)》 1963年
中原佑介コレクション

李 禹煥 《刻みより》 1972年
中原佑介コレクション
©Lee Ufan

李 禹煥 《風より》 1986年
DIC川村記念美術館
©Lee Ufan

高松次郎 《(平面上の空間)》 1974年
中原佑介コレクション
©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

高松次郎 《平面上の空間 No.849》 1978年
DIC川村記念美術館
©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

第Ⅲ章 海外作家の紹介

ピエロ・マンゾーニ、クリスト、マルセル・デュシャン、マン・レイ ほか

1959年に初めて渡欧し、ポーランド、フランスを訪ねたのを皮切りに、中原は海外作家たちと直接交流して彼らの作品を雑誌を中心に紹介していきました。なかでも1969年に初来日したクリストとジャンヌ=クロードとは盟友となり、以後長く深い交友が続き、日本での作品展開にも協力しています。 また、スターリン時代には封印されていたロシア・アヴァンギャルドに早くから興味を持ち、日本に紹介した先駆者でもありました。のちに雑誌『芸術倶楽部』でロシア・アヴァンギャルド特集を担当したり、西武美術館での企画展「芸術と革命」に協力しています。

ピエロ・マンゾーニ 《5.1mの線》 1959年
中原佑介コレクション

《7200mの線》 を描くマンゾーニ 1960年
撮影: Ole Bjorndal Bagger 中原佑介コレクション
DR

第Ⅳ章 現代彫刻

山口勝弘、堀内正和、飯田善國、宮脇愛子、伊藤公象、ジャン・ティンゲリー、コンスタンティン・ブランクーシ、ルイーズ・ニーヴェルソン ほか

1965年初版の著書『現代彫刻』は1980年代まで版を重ね、類書がなく、一定の影響力を持ちました。 固定したメディアになりがちな絵画に対して批判的だった中原は、自由な素材、新しい空間を獲得していった20世紀の「現代彫刻」を評価しました。なかでも初めての渡欧で、ヴェネチア・ビエンナーレで特別展示(1960年)されていたコンスタンティン・ブランクーシには強い興味を抱き、のちに『ブランクーシ 終わりなき始まり』(美術出版社 1986年)を書いています。

山口勝弘 《風の棺》 1962年
DIC川村記念美術館

美術手帖1963年10月増刊
「作家の発言と作品 山口勝弘」 解説:中原佑介(右上と左頁に 《風の棺》 が掲載)

資料編 Ⅰ 中原佑介アルバムより

評論家のアルバムには、作家たちとともに語り合い、旅をし、作品の調査をした記録が残されていました。

クリストのアトリエで作家と語り合う中原佑介(右)
1980年代   撮影:近藤竜男

高松次郎のアトリエで作家と語り合う中原佑介(右)
1970年代   撮影者不詳

資料編 Ⅱ 中原佑介著作より

作品発表の現場を見守る評論家は、新聞や雑誌で展覧会評を担当し、画廊等で作るリーフレットに作家紹介を書き、作家論や状況論を雑誌などに執筆します。こうした文章が積み重なって、作家の評価につながっていくとともに、評論家は現場の経験と研究をまとめた著書を世に問います。語る評論家と語られる作品は互いにコラボレーションしながら美術の歴史を紡いでいきます。

クリスト
《梱包されたホイットニー美術館、ニューヨーク》
1971年
DIC川村記念美術館

クリスト
《囲まれた島々、フロリダ州マイアミ、
ビスケーン湾のプロジェクト》 1982年
中原佑介コレクション

中原佑介著
『クリスト 神話なき芸術の神話』
草月出版 1984年

中原佑介プロフィール

1931年神戸生まれ。京都大学理学部で物理学を学び、修士課程在学中1955年に『美術批評』誌の第2回美術評論募集に「創造のための批評」を応募し、一席を受賞。以後、美術評論家の道を進んだ。1956年に上京し、読売新聞夕刊に「展覧会週評」を連載し始める。日本の前衛美術を評価する論理的な評論活動で知られ、美術評論の第一線で活躍した。
著作は、美術作品の本質を既成の意味を超えたナンセンスに求める『ナンセンスの美学』(1962年)を皮切りに(1972年「ナンセンス芸術論」新装改定版)、新たな素材と空間を追求した20世紀の彫刻を独自の理論から概観する『現代彫刻』(1956年1982,87年新版)が1980年代まで版を重ねた。時代の潮流をリードする評論集『見ることの神話』『人間と物質のあいだ』(1972年)を著す一方で、『現代芸術入門』(1979年)で幅広い読者も獲得した。『一九三〇年代のメキシコ」(1994年)、『なぜヒトは絵を描くのか』(2001年)など、後年は幅広い時代の美術を論じた。
一方、同時代作家たちの仕事に潮流をみいだして、「不在の部屋展」(1963年、内科画廊)、「人間と物質展」(1970年、東京都美術館ほか)など、すぐれた展覧会企画を実現し、パリビエンナーレ(1967年)、サンパウロビエンナーレ(1973、75年)、ベネチアビエンナーレ(1976、78年)など国際展でコミッショナーを務めた。
1990年、DIC川村記念美術館開館にともない、所蔵作品選集『川村記念美術館』に「アメリカの現代美術」を寄稿。水戸芸術館芸術総監督、京都精華大学教授および学長、兵庫県立美術館館長、美術評論家連盟会長などを歴任。2011年逝去。享年79歳。

■シンポジウム

3月6日(日)13:30-16:00
パネリスト:中村宏(画家)×福住廉(美術評論家)×渡部葉子(慶応義塾大学アート・センター教授)
要予約|入館料のみ

当時を知る中村宏氏(画家)は、文章を書いて著書もある制作者として、美術評論家・中原佑介の生前、深い交流をもっていました。福住廉氏はインディペンデントの評論家として、美術と美術でないものをつなぐ視点で活躍されています。渡部葉子氏は、近年話題になることの多い「人間と物質」展(第10回東京ビエンナーレ、1970年)を研究されています。現代との比較を視野に当時の美術評論の役割についてお話しいただきます。

|整理券予約方法|

DIC川村記念美術館
Eメール: ticket@kawamura-museum.com
電話:043-498-2672

1) 3月3日(木)までに①参加者全員の氏名 ②代表者の連絡先(電話番号) ③当日の交通手段(送迎バス

/車)をお知らせください。
※メールの場合、5日間以上を経過しても美術館から返信がない場合は届いていない可能性がありますので、電話でご確認ください。

2)  会場は美術館から徒歩約10分の別棟になる可能性があります。当日は12:30から13:00までの間に

館内受付にて整理券をお受け取りください。13:00になりましたら係員が会場へご案内いたします。
※残席がある場合はご予約のない方にも整理券を配布します。

■学芸員によるギャラリートーク

2月11日(木・祝)、3月5日(土)、3月12日(土) 14:00-15:00
予約不要|14:00エントランスホール集合|定員60名|入館料のみ
本展の企画を担当した学芸員が会場で展示解説します。

■ガイドツアー

毎日 14:00からガイドスタッフがコレクションの解説を行います。
(シンポジウム、ギャラリートーク開催日を除く)

一般
1,000円
学生・65歳以上
800円
小中学生・高校生
600円

[20名以上の団体(下記料金は1名分)]

一般
900円
学生・65歳以上
700円
小中学生・高校生
500円

団体のお客様へ

[障がい者手帳をお持ちの方(+付き添い1名まで同料金)]

一般
800円
学生・65歳以上
600円
小中学生・高校生
400円

バリアフリー情報

  • ※2月14日(日)はDIC株式会社の創業記念日につき入館無料です。
  • ※学生と65歳以上の割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要です。
  • ※美術教育サポートプログラムもご活用ください。(1クラス 3,500円)

過去の展覧会一覧

今まで開催された展覧会の一覧をご覧いただけます。
過去の展覧会一覧