お知らせ

HOME > お知らせ

クリスマス市2011

会期
2011年12月3日(土)― 12月24日(土)
※5日、12日、19日は美術館休館日のためお休みします。
会場
DIC川村記念美術館 敷地内

施設マップはこちら

太陽の遠い冬、ドイツを中心にヨーロッパ北部で開かれるクリスマス市は街角に華やぎをもたらし、心を明るく照らす伝統行事です。第5回目となる今年は、人気店のパンと焼き菓子の種類を増やし、クリスマス・モビールの手作りワークショップも開催します。ご家族やお友達と楽しい年末のひとときをお過ごしいただければ幸いです。

11:00-16:00 ※最終日は15:30まで

ドイツの伝統的クリスマス装飾の展示

クリスマス市の本場、ドイツは森の国。キリスト誕生のシーンをドラマティックに再現した木彫りの人形舞台「クリッペ」、プロペラ仕掛けで回転する木工細工の塔「クリスマス・ピラミッド」は、ツリーと並んでクリスマス市に欠かせない装飾です。

クリスマスの贈り物

職人たちの熟練の技による木のおもちゃ、人形、手彩色の木製ベル、錫製オーナメント、手作りリース、絵本、CD、カード、アドヴェントカレンダー、ロザリオ、お香などロマンティックな贈り物が見つかります。

クリスマスのお菓子とパン

白い粉砂糖に包まれたシュトレンは、産着にくるまれた幼子キリストを象徴するお菓子。今年もドイツパンの名店「Zopf」(松戸市)のシュトレンを販売します(売り切れ次第終了)。また、フランス、アルザス地方ご出身のパン職人デリニオンさんのお店「Beau Ciel」(四街道市)の商品も入荷します。

土・日・祝日のお楽しみ

メープルシロップを使ったパウンドケーキ、ドイツ風肉団子スープ、「Zopf」のパンと焼き菓子を販売します。また、土曜日のみ、四街道市の農家の女性たちが運営する食堂「よもぎの里」が出店し、甘酒、お汁粉などを販売します。

石窯ピッツァ屋台「正門付近」

12月3日(土)、10日(土)、17日(土)、23日(祝)、24日(土)

真っ赤なワゴンカーに石窯を載せてやってくるピザ屋台「Pizza Forno」。注文するとオーナーの近藤さんが目の前で生地を伸ばし、香ばしく焼いてくれます。

クリスマスソング・コンサート【美術館玄関前】

12月23日(祝) 13:20-13:50  ※雨天中止

今年で結成8年目になる佐倉ジュニア合唱団によるクリスマスソングを中心としたコンサートです。青空に響き渡る澄んだ美声に耳を傾けましょう。

ワークショップ【正門脇の休憩所】「ワイヤーと木の実で作るクリスマス・モビール」

12月4日(日) ① 10:00-12:00 /②14:00-16:00
講師:宇田川雅子(和の花「日々花」
対象:中学生以上  定員:各回10名  料金:2,000円

お申し込み:美術館クリスマス市担当宛にご希望の時間帯・
お名前・ご年齢・お電話番号をお知らせください。定員に達し次第、締め切らせていただきます。
Tel. 043-498-2672
Eメール goshitsumon@kawamura-museum.com

「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」

映画「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」

©2008 Fine Line Media, Inc. All Right Reserved.

12月18(日)、24(土)15:00-16:30

定員:各回50名
(当日13:00より受付にて整理券配布)
料金:美術館の入館料のみ(一般900円/学生・65歳以上700円/小中高生500円)
 
NYの小さなアパートに暮らす元・郵便局員のハーブと元・図書館司書のドロシー。慎ましい生活を続けながら同時代に生きるアーティストの作品を数十年に渡って蒐集し、ついにワシントン・ナショナル・ギャラリーにその膨大なコレクションを寄贈したユニークな老夫婦のドキュメンタリー。
 
監督・プロデューサー:佐々木芽生
上映時間:87分
「ハーブ&ドロシー」公式サイト

クリスマスのお食事

美術館の付属レストラン「ベルヴェデーレ」では、庭を眺めながら、ゆったりとコース料理を楽しみたい方のために特別メニューをご用意します。当日の美術館入館券の半券をお持ちいただいたお客様には、5,000円→4,500円に割引させていただきます。

営業時間:9:00-18:00(ラストオーダー17:00)
Tel. 043-498-0848