美術館

HOME > 美術館 > 展覧会 > 開催中の展覧会

開催中の展覧会

フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画

フェリーチェ・ベアト 《役人と従者》 制作年不詳
鶏卵紙
DIC川村記念美術館

会期
2017年9月9日(土)-12月3日(日)
開館時間
午前9時30分-午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜(ただし9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
主催
DIC株式会社
後援
千葉県、千葉県教育委員会、佐倉市、
佐倉市教育委員会
THIS IS MECENAT 2017

フェリーチェ・ベアト(1834-1909)は、19世紀半ばに中東やインド、中国などで撮影を行い、異国の風景や、インド大反乱、第二次アヘン戦争など戦場を記録する写真家として活躍しました。1863年には画家ワーグマンを頼り日本に赴き、幕末から明治にかけて、横浜を拠点に、江戸や長崎など各地で風景や風俗を撮影しています。1884年に離日しますが、ベアトが写した写真は、海外向けの輸出品として盛んになる、いわゆる「横浜写真」の嚆矢として高く評価されるとともに、150年前の光景を現代に伝えるものとして、われわれの眼に非常に魅力的に映ります。

一方、近代日本の視覚表現において、写真は重要な役割を果たしています。油彩画の技法と写真技術はともに西洋から日本に伝えられますが、洋画に取り組んだ画家たちは、場合によっては写真も参照しつつ、構図を学び、風景を見いだし、芸術性の高い油彩画をつくりあげてゆきました。

本展は、DIC川村記念美術館が所蔵する3冊のアルバムから写真約180点と、そこに見出される「人物(風俗)」と「風景」という観点において、日本における草創期の洋画作品18点をあわせて紹介するものです。西洋から日本に向けられた視線と、それを受けて日本で育まれた、芸術へと向かう視線を比較しながら、東西の文化の関わりを見つめなおす機会になればと考えています。

※ベアトの生年に関しては1825年あるいは1832年とする説もある。

ジョン・マクロフリン 《X-1958》 1958年 DR

フェリーチェ・ベアト 《愛宕山から見た江戸のパノラマ》
鶏卵紙 DIC川村記念美術館

1. 甦る150年前の日本の姿、ベアトの写真を一堂に展観

DIC川村記念美術館所蔵の3冊の写真アルバムから約180点を初めて展示します。およそ150年前に撮影された写真は保存状態が良好で、高い技術を示すベアトの写真をまとめて見ることができ、現在では失われた在りし日の日本を目の当たりにできる貴重な機会となります。

フェリーチェ・ベアト 《有馬屋敷》

フェリーチェ・ベアト 《有馬屋敷》
鶏卵紙 DIC川村記念美術館

フェリーチェ・ベアト 《夜警、江戸》

フェリーチェ・ベアト 《夜警、江戸》
鶏卵紙 DIC川村記念美術館

フェリーチェ・ベアト 《葱売り》

フェリーチェ・ベアト 《葱売り》
鶏卵紙 DIC川村記念美術館

フェリーチェ ・ベアト 《東海道、横浜近郊》 (生麦事件の現場)

フェリーチェ ・ベアト 《東海道、横浜近郊》 (生麦事件の現場)
鶏卵紙 DIC川村記念美術館

2. 日本における初期洋画もあわせて紹介

ベアトの写真に見られる「人物(風俗)」「風景」という観点から、チャールズ・ワーグマン、高橋由一、本多錦吉郎、渡辺文三郎、五姓田義松、浅井忠、小山正太郎、高橋源吉、曽山幸彦、佐久間文吾の作品18点を展示します。洋画をめざした画家たちは、写真も参考にしながら芸術的な作品を作り上げてゆきました。本展では、絵画と写真の表現の差や共通点を比べることができます。

浅井忠 《農夫帰路》 1887(明治20)年
高橋由一 《愛宕山より品川沖を望む》 1877(明治10)年

左:浅井忠 《農夫帰路》 1887(明治20)年
  油彩、カンヴァス ひろしま美術館
上:高橋由一 《愛宕山より品川沖を望む》 1877(明治10)年
  油彩、カンヴァス 横浜美術館

佐久間文吾 《長房村風景》 1889(明治22)年

上:佐久間文吾 《長房村風景》 1889(明治22)年
  油彩、カンヴァス 府中市美術館
右:五姓田義松 《婦人像》 1871(明治4)年
  油彩、カンヴァス 東京藝術大学

五姓田義松 《婦人像》 1871(明治4)年

関連プログラム

■講演会①

三井圭司(東京都写真美術館学芸員)
「フェリーチェ・ベアトの写真技術」

9月23日(土)13:30-15:00
会場=レクチャールーム(13:00開場)
予約不要|当日12:30より受付にて整理券配布|定員50名|入館料のみ

みつい けいし

みつい けいし
昭和45年(1970)、東京生まれ。東京都写真美術館学芸員。主要な研究テーマは19世紀写真史。主著『写真の歴史入門―第1部「誕生」新たな視覚のはじまり-』(新潮社、2005年)。全国の初期写真調査を元にするシリーズ展「夜明けまえ日本写真開拓史」を担当。共著「『コロジオン湿板式・坂本龍馬群』調査報告」(共同執筆者・山口孝子、『東京都写真美術館紀要No.4』、東京都写真美術館、2004年)、『レンズが撮らえた F・ベアトの幕末』(山川出版社、2012年)ほか。

■講演会②

エバレット・ブラウン(元EPA通信日本支局長/ブラウンズフィールド代表)
「日本の面影」

10月14日(土)13:30-15:00
会場=レクチャールーム(13:00開場)
予約不要|当日12:30より受付にて整理券配布|定員50名|入館料のみ

Everett Kennedy Brown

Everett Kennedy Brown
1959年、アメリカのワシントン D.C.生まれ。88年から日本に定住。epa通信社日本支局長を経て、現在は湿版光画家として活動。家庭画報や芸術新潮を始め、「ナショナル・ジオグラフィック」「GEO」「ル・モンド」などに広く作品を寄せる。著書に『俺たちのニッポン』(小学館)、『日本力』(松岡正剛 氏との共著・パルコ出版))『Japanese Samurai Fashion』(赤々舎出版)他多数。文化庁長官表彰被表彰者。
http://www.modernclassic.jp/

■担当学芸員によるギャラリートーク

9月9日(土)、10月28日(土)、11月25日(土)14:00-15:00
14:00エントランスホール集合
予約不要|定員60名(イヤフォン使用予定)|入館料のみ

■ガイドスタッフによる定時ツアーガイドスタッフによる定時ツアー

上記講演会・ギャラリートークの開催日を除く毎日14:00-15:00
14:00エントランスホール集合
予約不要|定員60名(イヤフォン使用)|入館料のみ

■古典落語とハープ即興

柳家吉緑(落語協会二つ目)
彩愛玲(ハープ)
落語演目:「死神」「妾馬」
11月18日(土)17:45開場 18:00開演
要予約|全席自由
チケット発売日=友の会8/23(水)、一般9/16(土)
料金=一般3,800円(当日入館料込み)、友の会3,300円

やなぎや きちろく

やなぎや きちろく
1984年、千葉県東金市生まれ。
18歳で演劇の道へ進むが、22歳で落語の魅力に開眼し一転、噺家を目指す。
2010年6月 柳家花緑に入門 前座名 柳家花どん(はなどん)
2015年5月21日 落語協会二ツ目昇進花どん改メ吉緑に改名。
大師匠の人間国宝「柳家小さん」が得意とした滑稽噺をベースに人情噺さらには怪談噺まで手掛ける。演劇で培った表現力には定評があり、初めて落語を聴く人にも分かりやすく面白い落語を聴かせることがモットー。
http://yanagiyakichiroku.wixsite.com/kichirokuofficial

さい あいりん

さい あいりん
東京出身、台湾にルーツをもつ。
国立音楽大学卒業。東京藝術大学別科修了。
在学中より活動をはじめ、現代音楽にて国内外の公演にソリストとして出演多数。2007年以降はクラシック、ポップス、民族音楽、古楽、即興、と表現を広げ国内外のトップアーティストと共演。また自作曲をドキュメンタリー映画、NHKのテレビ番組にも提供している。枠にとらわれない自由な音表現は深い意識とつながり神話的世界を紡ぐ。
https://saiailing.net/

|チケット購入方法|

1) 電話にてご予約を承ります。
DIC川村記念美術館「落語とハープ」係
043-498-2672(開館日の9:30-17:00)

2) 予約確定後、以下の方法でご入金ください。
[一 般] 三菱東京UFJ銀行日本橋支店 普通預金0162543
      口座名義:DIC株式会社〈ディーアイシー(カ〉
[友の会] 美術館受付で現金払い、もしくは郵便振込取扱票にてお振り込み

3) ご入金順に番号を印字したチケットを公演の3週間前より随時発送します。

※ご入金後のキャンセルは承れません
※全席自由。当日はチケット番号順に会場へご案内します
※未就学児の入場はご遠慮ください
※終演は20:00頃を予定。JR・京成佐倉駅行きの臨時バスを運行します

一般
1,300円
学生・65歳以上
1,100円
小中学生・高校生
600円

[20名以上の団体(下記料金は1名分)]

一般
1,100円
学生・65歳以上
900円
小中学生・高校生
500円

団体のお客様へ

[障がい者手帳をお持ちの方(+付き添い1名まで同料金)]

一般
1,000円
学生・65歳以上
800円
小中学生・高校生
400円

バリアフリー情報

  • ※コレクション展示もご覧いただけます。
  • ※展覧会のチケットで庭園もご利用いただけます。
  • ※学生と65歳以上の割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要です。
  • 美術教育サポートプログラムもご活用ください。(1クラス 3,500円)

今後の展覧会

ブリジット・ライリー(仮称)
2018年4月14日(土)-8月26日(日)

過去の展覧会一覧

今まで開催された展覧会の一覧をご覧いただけます。
過去の展覧会一覧

  • 美術館