美術館

HOME > 美術館 > 展覧会 > 今後の展覧会

今後の展覧会

ヴォルス――路上から宇宙へ

《無題》 1942/43年
グァッシュ、インク、紙 14.0×20.0cm
DIC川村記念美術館

会期
2017年4月1日(土)-7月2日(日)
開館時間
午前9時30分-午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜
主催
DIC株式会社
後援
千葉県、千葉県教育委員会、佐倉市、
佐倉市教育委員会

ヴォルス(1913-1951)は、音楽と詩に親しみ、独学で絵を描くようになった稀有な芸術家です。 第一次大戦後のドイツに育ち、フランスに移り住み、1930年代にまず写真家として認められました。まぶたを閉じた人物、調理前の生々しい食材などにカメラを向け、強い凝視力の写真作品を残しています。

10代から水彩画、ドローイングを制作していたヴォルスは、ドイツとフランスの戦争が始まると収容所を転々とせざるをえず、そこで描くことに没頭しました。目を閉じているうちにイメージをつかんだといわれる、蜘蛛の糸のような描線と澄んだ色彩は、ヴォルス独自の魅力を放っています。

さらに油彩画を始め、慣例にとらわれない描法を開いたのは戦後のことでした。ジャン=ポール・サルトル、ジャン・ポーランら文学者や詩人たちに認められ、挿絵の依頼を受けて彼らの著書に銅版画を寄せたのもつかのま、ヴォルスはわずか38歳で早すぎる死を迎えています。

貧窮のうちに没したヴォルスは、死の直後から「アンフォルメル」動向の先駆として注目され、評価を受けます。日本でも1950年代にアンフォルメルの作家として紹介され、1964年に東京・南画廊で初めてのヴォルスの個展が開かれています。その際、瀧口修造らが文章を寄せたカタログと画集が出版され、ヴォルスの作品が多くの人の心をつかみました。

近年は展覧の機会が少ないヴォルスですが、DIC川村記念美術館では彼の油彩、水彩、銅版画にわたる充実したコレクションを所蔵しています。本展はこれらを中心に日本における受容を反映しながら、路上の石や虫を見ながら遠く宇宙までも見通した深い作品世界を紹介し、ヴォルスの再評価の契機といたします。

セルフ・ポートレイト

セルフ・ポートレイト 1938年
Kupferstich-Kabinett, Staatliche
Kunstsammlungen Dresden,
Photo: Herbert Boswank

“WOLS”はペンネームで、本名はアルフレート=オットー=ヴォルフガング・シュルツ Alfred Otto Wolfgang Schulze(1913-51)です。 父は著名な法学博士、ベルリンの豊かで教育ある家庭に生まれました。ドレスデンに医師の祖父がいて、姉や弟と幼少期を過ごしています。

ヴォルスは、幼いころから音楽と美術に非凡な才を示した、一風変わった子供でした。7歳から始めたヴァイオリンの才能を見出され、独学で水彩画も描いていた頃、16歳で最愛の父を亡くしてしまいます。17歳で学校から離れ、大学に進まずに自分の道を探すことになります。

第一次大戦の戦敗国ドイツで育ったヴォルスが、写真家としての道をフランスで見つけた頃、母国ではナチスが政権を得ます。ヴォルスは若くして後ろ盾もなく、ナチス政権下の兵役忌避者として、不安定な身分のままフランスに住むことになりました。

フランスに渡って間もなく写真家として成功するものの、その後、敵国人のため就業も許可されず、収容所にたびたび収監されるなど、住居も転々とする生活を続けます。彼の心を支えていたヴァイオリンも生活のために手放し、どさくさでカメラも失ったとき、彼はより一層、絵を描くことにのめりこんでいきました。収容所でも描き、引っ越しを続けながら描き、健康を害してからはベッドの上でも描いていたといいます。

生活力のないヴォルスを支えていたのは、年上のルーマニア人女性、グレティ・ダビジャでした。1933年に二人は出会い、グレティはヴォルスに宿泊場所と食事を与えました。1940年に結婚すると、第二次大戦中の度重なる引っ越しのなかでもグレティは彼の絵を大切に保管しました。生前は勧められても作品発表を好まなかったヴォルスでしたが、死後、当時の美術動向のひとつ「アンフォルメル」(「不定形」の意)の代表的作家とみなされるようになります。また、ヴェネチア・ビエンナーレ(1958年)でヴォルスの特集展示が行われ、再評価が急速に進むことになりました。

ヴォルスのことば

ヴォルスが収容所で書いた手記をご紹介します。

サーカス・ヴォルス(PDF:1603KB)

1章:写真 路上と台所[1937-41年]

写真家の道を進んだヴォルスはドレスデン在住のゲンヤ・ヨナスに師事した後、モホイ=ナジの進めでパリに渡り、1937年に開いた個展で好評を博します。同年万国博覧会の「エレガンスと装飾」館を撮影する仕事も得て自信を得た彼は、肖像写真でも成功をおさめました。この頃から自らをWOLSと名乗ります。本展でもマックス・エルンストやジャック・プレヴェールをはじめとする文化人たちの肖像を出品します。
ヴォルスは自宅で撮った静物写真においても特異な才能を開花させました。とくに野菜や肉など食品をオブジェのようなセッティングとコントラストのあるライティングで撮影した写真は、食べ物を日常とは全く違う見え方でとらえ、新即物主義とシュルレアリスム的視覚の影響を受けながらも、死したものを食べる人の摂理をあぶり出した独創的な作品として評価できます。
カメラの前でおどけて連続ポーズをとる自写像、路上生活者たちに寄せる視線も見どころです。

ごみのある一隅、浮浪者

《ごみのある一隅、浮浪者》
1940-41/1976年
ゼラチンシルバープリント
16.3×17 cm
The J. Paul Getty Museum, Los Angels

ニコール・ボウバン

《ニコール・ボウバン》
c.1933/1976年
ゼラチンシルバープリント
13.6×20.2 cm
The J. Paul Getty Museum, Los Angels

2章:水彩画と油彩画 幻視から宇宙へ

写真家としての自分の道を見出した矢先、ドイツとフランスは戦争になり、敵国人のヴォルスは収監されて写真の仕事は中断せざるをえませんでした。収容所内でヴォルスは幻想的な水彩画を描いていたようです。彼自身は作品に年記もタイトルもつけなかったため正確な制作年はわかりませんが、大まかには、さまざまなイメージの交錯する幻想的な絵は初期作品、抽象的な水彩・素描と油彩画は後年の作品に分類されます。
ヴォルスは少年時代にパウル・クレーの展覧会を見たと言われています。浮遊する形体や線描と色彩の層をなす関係のなかにその影響を指摘できるかもしれません。何かをスケッチするのではなく、目を閉じて待ち、現れてくるヴィジョンを描いたとも言われます。初期の特徴は澄んだ色彩とのびやかな幻視力です。中空に浮かぶ街や浮遊する船のイメージを線描で描きながら、写真制作を中断した1942年頃から彼の線は特定のかたちからほぐれるように抽象化に向かっていきます。

人物と空想の動物たち

《人物と空想の動物たち》1938-40年 
グァッシュ、インク、紙  22.5×31.0 cm 
ギャラリーセラー

作品、または絵画

《作品、または絵画》1946年頃
グァッシュ、紙 20.5×31.5 cm 
大原美術館


1940年に釈放されたヴォルスは、南フランスを転々としながら再び精力的に制作します。1942年にはニューヨークのベティ―パーソンズギャラリーで水彩画の個展が開かれました。同年、ドイツ軍が南フランスを占領したため、夫妻はデュルフュイに逃れます。この地で夫妻は、マルセル・デュシャンとニューヨーク・ダダを推進したアンリ=ピエール・ロッシェと知り合います。ロッシェはヴォルスのよき理解者となって水彩画をコレクションし、ヴォルスについての文章も書いています。ロッシェらの協力で戦後は展覧会の機会も増えていきました。
ヴォルスが本格的に油彩画に着手したのは戦後のことです。画商の勧めでカンヴァスを与えられ、独学で描いたその絵は、激しい筆致、絵の具の盛り上げ、ドリッピング、グラッタージュ(ひっかき)など、多彩な手法を使って動きのある画面となりました。

構成 白い十字

《構成 白い十字》1947年
油彩、カンヴァス  32.5×45 cm 
国立国際美術館

閉路

《閉路》1948/49年 
油彩、カンヴァス  32.0×46.0 cm 
DIC川村記念美術館

3章:挿絵銅版画 文学とともに

ヴォルスは文学を愛し、さまざまな書物から文章を抜き出してはノートにメモを集めていました。また、自分でもアフォリズム風の文章を書き遺しています。
戦後になって、パリでジャン=ポール・サルトルと知り合ったのも大切な出会いでした。サルトルはヴォルスの作品を認め、彼に援助を与えます。ヴォルスはこの頃から手がけた銅版画で、不思議なイメージを描きだしました。銅版画は彼の生き生きした線描を活かすメディアで、ジャン・ポーラン、アントナン・アルトーら詩人、文学者の本の挿絵に使われています。サルトルもヴォルスに2冊の自著の挿絵を依頼しています。彼の書いたヴォルス論「指と指ならざるもの」は、サルトルの代表作を収めた『シチュアシオン』第4巻に収められています。

三つの小さな漂う形

《三つの小さな漂う形》1949/62年 
アルトー『セラフィム劇場』(1949年刊)の挿絵
ドライポイント、紙  18.5×10.5 cm 
DIC川村記念美術館

裸体の花

《裸体の花》1949/62年
サルトル『食糧』(1949年刊)の挿絵
ドライポイント、紙 12.3×10.0 cm 
DIC川村記念美術館


■講演会①

千葉成夫(美術評論家、本展監修者)
「さすらいのなかで-ヴォルスの生涯と作品」

4月15日(土)13:30-15:00 レクチャールーム13:00開場
予約不要|定員50名|入館料のみ

千葉成夫(ちば しげお)

千葉成夫(ちば しげお)
1946年生まれ 1976年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了
1972年 フランス給費留学生としてパリ第一大学博士課程留学、
1974年 同大学にてヴォルス研究により博士号取得
1975-2001年 東京国立近代美術館に研究官として勤務
2001-2017年 中部大学教授
東京国立近代美術館在職中から多くの展覧会企画に携わるとともに評論活動を行う。
中部大学教授となってからは、主として執筆活動に専念。『未生の日本美術史』、
『カラヴァッジオからの旅』ほか多数

■講演会②

高階秀爾(大原美術館館長)
「アンフォルメルとヴォルス」

5月13日(土)13:30-15:00 レクチャールーム13:00開場
要予約|定員50名|入館料のみ

高階秀爾(たかしな しゅうじ)

高階秀爾(たかしな しゅうじ)
1932年生まれ 1953年 東京大学教養学部教養学科卒業
1954-59年 東京大学大学院在学中フランス政府招聘給費留学生として渡仏、
パリ大学付属美術研究所及びルーヴル学院で西洋近代美術史を専攻
1959年 国立西洋美術館勤務、1992-2000年 同美術館館長
1979年 東京大学文学部教授、1992年 同大学名誉教授
1997年 パリ第一大学名誉博士
2002年より大原美術館館長
2004-2008年 京都造形芸術大学大学院院長
2012年 文化勲章受章 2015年 日本芸術院会員
著書『世紀末芸術』『芸術空間の系譜』『美の思索家たち』ほか多数

|予約方法|

受付開始:4/21(金)
受付時間:開館日の10:00-17:00

電話043-498-2672にて、お名前・連絡先電話番号・交通手段(車/バス)をお知らせください。

※ご本人様1名分のみお申込みいただけます。ご同伴者がいる場合は各自でお申し込みください。
※先着順につき、定員に達し次第締め切らせていただきます。
※自由席となりますが、開場と同時にお申し込み順に入室をご案内します。
※講演開始時刻までに入室されない場合、キャンセル待ちのご来場者様に席をお譲りいただきます。
※ご予約時すでに満席で受付できない場合、後日予定されている本講演の記録映像の上映会をご案内します。

■スペシャル・ギャラリートーク

平野啓一郎(小説家)
5月27日(土)14:00-15:00 エントランスホール14:00集合
予約不要|マイク・スピーカー使用|入館料のみ

平野啓一郎

平野啓一郎(ひらの けいいちろう)
1975年生まれ 京都大学法学部卒業
1999年 在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。
以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。
2004年 文化庁の「文化交流使」として一年間パリに滞在
2008年より三島由紀夫文学賞選考委員、東川写真賞審査員を務める
2014年 フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章
著書は小説に、『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』
『透明な迷宮』、エッセイ・対談集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』等がある。最新長編小説『マチネの終わりに』を2016年4月に刊行。

■担当学芸員によるギャラリートーク

4月1日(土)、6月17日(土)14:00-15:00 エントランスホール14:00集合
予約不要|定員60名|イヤフォン使用|入館料のみ

■ガイドスタッフによる定時ツアー

上記講演会・ギャラリートークの開催日を除く毎日14:00-15:00
予約不要|定員60名|14:00エントランスホール集合|入館料のみ

木嶋真優

「ヴォルスが愛したヴァイオリン―バッハを中心に」

木嶋真優(ピアノ伴奏:坂野伊都子)
6月3日(土)17:45開場/18:00開演

チケット発売日=友の会3/17(金)、一般3/22(水)
要予約|全席自由|一般4,500円 友の会4,000円
※当日入館料込み

幼少期からヴァイオリンを弾いていたヴォルスは、
20歳前にはコンサートマスターに推薦されるほどの腕前となっていました。
戦争の影響で収容所などを転々とし、
心の支えであったヴァイオリンを生活のために手放してからは、
バンジョーでバッハの曲を弾いていたと言われています。
漂泊のヴォルスの心を支えた音楽を、
注目の若手ヴァイオリニストの演奏でお聞きください。

[演奏予定曲目]
ブラームス:F.A.E.ソナタ 第3楽章”スケルツォ”
バルトーク :ルーマニア民族舞曲
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番より第5楽章「シャコンヌ」
ほか

|チケット購入方法|

1) 電話にてご予約を承ります。
DIC川村記念美術館コンサート係
043-498-2672(開館日の9:30-17:00)

2) 予約確定後、以下の方法でご入金ください。
[一 般] 三菱東京UFJ銀行日本橋支店 普通預金0162543
      口座名義:DIC株式会社〈ディーアイシー(カ〉
[友の会] 美術館受付で現金払い、もしくは郵便振込取扱票にてお振り込み

3) ご入金順に番号を印字したチケットを公演の3週間前より随時発送します。

※ご入金後のキャンセルは承れません
※全席自由。当日はチケット番号順に会場へご案内します
※未就学児の入場はご遠慮ください

一般
1,300円
学生・65歳以上
1,100円
小中学生・高校生
600円

[20名以上の団体(下記料金は1名分)]

一般
1,100円
学生・65歳以上
900円
小中学生・高校生
500円

団体のお客様へ

[障がい者手帳をお持ちの方(+付き添い1名まで同料金)]

一般
1,000円
学生・65歳以上
800円
小中学生・高校生
400円

バリアフリー情報

  • ※コレクション展示もご覧いただけます。
  • ※展覧会のチケットで庭園もご利用いただけます。
  • ※5月5日(金)はこどもの日につき高校生以下入館無料です。
  • ※学生と65歳以上の割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要です。
  • 美術教育サポートプログラムもご活用ください。(1クラス 3,500円)

開催中の展覧会

コレクション展示
2017年2月11日(土)-3月31日(金)

過去の展覧会一覧

今まで開催された展覧会の一覧をご覧いただけます。
過去の展覧会一覧