美術館

HOME > 美術館 > 美術館について

美術館について

沿革

DIC川村記念美術館は、DIC株式会社がその関連会社とともに収集した美術品を公開するために、1990年5月、千葉県佐倉市の総合研究所敷地内に設立した美術館です。これまでに収集された作品は1000点を超えています。

最初のコレクションは、長谷川等伯の《烏鷺図》(重要文化財)でした。当社創業家の第2代社長であり、初代館長をつとめた川村勝巳(1905~1999)は、経営の労苦の合間にひとり芸術作品と語らうことを無常の喜びとしていたといいます。
1970年代初頭から収集が本格化し、ピカソ、ブラック、カンディンスキー、マレーヴィッチ、コーネルなど20世紀美術を中心にコレクションが充実していきました。
さらに、日本で未だ紹介されていなかった同時代の新進作家たちの作品や、当時ヨーロッパで評価され始めたルイスやステラなどのアメリカ現代絵画にも早い時期に着目し収集を始めました。
やがて、川村勝巳の永年の夢であった美術館設立構想が現実のものとなり、西欧絵画の名品に加えて、戦後アメリカ美術に深い関心を寄せた第3代社長川村茂邦(1928~1999)によって、ロスコの壁画作品やステラの諸作品などアメリカ美術史に残る名品の数々が集められ、今日のコレクションの礎が形作られました。
加えて、17世紀オランダの巨匠レンブラントの貴重な肖像画や、横山大観、橋本関雪ら日本固有の自然観や空間の捉え方を示す味わい深い日本画がコレクションの一翼を担い幅広い方々にご愛顧いただいています。

諸活動

DIC川村記念美術館は現在、コレクション展示や多様な企画展を開催する一方で、「DIC川村記念美術館友の会」による活動や、作品の理解をより深めていただくための毎日定時の「ガイドツアー」、小中学校の教師が引率するクラス単位の美術館見学を補助する「美術教育サポート」などを行っています。
また、当館の魅力である自然豊かな散策路は近隣市町村の方々の憩いの場所となっています。

  • 美術館