自然散策路

HOME > 自然散策路 > 秋の植物

秋の植物

実りの秋

秋晴れの美術館の自然林を散歩すると、いくつもの「実りの秋」を見つけることができます。

9月

パンパスグラス イネ科
Cortaderia selloana

8月中旬-10月
草丈2メートル以上にもなる大型のススキで、アルゼンチンが原産地。パンパス(大草原)の草(グラス)の意味です。別名「西洋ススキ」。日本画展示室奥にある茶室からよく見ることができます。

ハギ [萩] マメ科
Lespedeza thunbergii

8月下旬-9月
美術館の散策路の両側に沿ってハギが植えられ「萩の路」になっています。秋の訪れをいち早く告げる花です。

ヤブラン [藪蘭] ユリ科
Liriope platyphylla

9月
姿形が蘭に似て、藪の中に自生しているのでこの名がつきました。紫の穂状の花は長く咲き、果実は9~10月には紫黒色に熟します。

ホトトギス [杜鵑草] ユリ科
Tricyrtis hirta

9月-11月
半日陰のやや湿り気ある場所を好みます。
ホトトギスの胸の斑点に似ていることからこの名が付きました。

ジュウガツザクラ [十月桜] バラ科
Prunus×subhirtella cv. Autumnalis

9月下旬-11月/3月下旬-4月
花は春と秋に2度咲く八重咲きのサクラです。
紅葉と共に楽しめる花でもあります。

10月

ススキ [薄] イネ科
Miscanthus sinensis

10月
十五夜の飾りや、鬼子母神のミミズク人形でお馴染みです。日本の秋に風情を加える植物です。

リンドウ [竜胆] リンドウ科
Gentiana scabra

10月下旬-
11月に散策路のあちこちで姿を見せます。
濃い江戸紫の花の色と楚々とした姿は、深まりゆく秋を感じさせます。

11月

ヤマモミジ [山紅葉] カエデ科
Acer palmatum var.matsumurae

11月中旬-12月上旬
都心よりも紅葉の時期は遅れます。
白鳥池の周辺や散策道は紅葉を楽しむ人たちで賑わいます。

  • 自然散策路