お知らせ

HOME > お知らせ

更新日:2011年7月7日

本イベントは終了しました

8/13夏休みワークショップ:
佐倉の職人さんと作る「組子細工」のコースター
※定員に達しましたので申し込みを締め切りました。

「組子細工」とは、釘を使わずに細かい木材を組み合わせて模様を作る伝統的な建具装飾のことです。大きなサイズの幾何学的な意匠を完成させるためには、高い技術力と芸術的センスが必要とされますが、このワークショップでは15~30分で手軽に作れるコースターの制作を体験できます。


講師:嶋野浩司(1976年生まれ)
DIC川村記念美術館からほど近い佐倉市飯塚にある「嶋野木工所」の二代目。建具職人への道を歩む過程で組子細工の美しさに目覚め、組子専門の親方に弟子入り。後継者が減少するなか研鑚を積んで全国大会での受賞を重ね、現在は注文が引きも切らない優秀な技術者です。

嶋野木工所ホームページ


■開催日時:
8月13日(土)
第一回 11:00-11:45
第二回 13:00-13:45
第三回 14:00–14:45


■会場:
DIC川村記念美術館敷地内 第一休憩所
※正門を入って左手、グラウンド脇の小さな建物です。


■対象:
小学生以上、どなたでも


■持ち物:
特に必要ありません。
あらかじめ用意された組子のパーツを手で組み立ててボンドで接着します。


■参加費:
1000円(飲み物つき)
高校生以下の参加者は、完成させた組子コースターを美術館受付でご提示いただくと入館料300円のところを無料でご入館いただけます。
※ワークショップ当日、ご本人様のみ対象とさせていただきます。


■お申し込み:
DIC川村記念美術館広報係(担当=海谷・林)まで
お名前・お電話番号・参加ご希望の回をお知らせください。
各回の定員は20名様です。
Tel. 043-498-2672
Email: press@kawamura-museum.com