お知らせ

HOME > お知らせ

更新日:2013年7月4日

本イベントは終了しました

「アートとあそぶなつやすみ」

緑あふれる美術館の庭で、
アーティストと夏の思い出をつくるワークショップ



開 催 日:

2013年8月11日(日)・17日(土)・18日(日)

会    場:

庭園内第一休憩所 (正門を入ってすぐ左手の小さな建物です)

対    象:

小学生以上 (低学年のお子様は保護者ご同伴でお願いします)

参 加 費:

小中学生・高校生1,500円、大人2,000円 (材料費、入館料込み)

※当日、インフォメーションでお支払いを済ませてから会場へお越しください

主    催:

DIC株式会社

企 画 協 力:

tonton(こどものためのアート情報誌)



8月11日(日)

「わたし ひかり ふうけい」 万華鏡でつくる夏のおもいで箱

アーティスト=園田高明(立方体万華鏡伝道士)×伊藤さち(手芸作家/ワークショップ作家)

夏の思い出を記録する、「のぞき箱」のような万華鏡をつくります。
何年か後に自分の万華鏡をのぞいたら、この夏の風景をどんなふうに思い出すかな…?
そんな想像をめぐらせながら、組み立ててみましょう。


時    間:

①11:00-12:30
②14:00-15:30

定    員:

各回20名

持 ち 物:

万華鏡の箱に入れる、この夏の思い出のかけらをお持ちください。
布きれ、ボタン、ビーズ、貝がら、木の葉など細かいものがおすすめです。


|アーティスト紹介|

園田高明(立方体万華鏡伝道士)
不思議アートのぞき箱(立方体万華鏡)伝道士としてUAPふくろうの会を主宰。
国内のみならず、世界各地の老若男女、特に、施設や病院で暮らすお年寄りや子どもたちを訪問して、 これまで海外の12カ国34都市でワークショップを開催、年間3千個近いのぞき箱を制作している。

http://uap-fukuro.com

伊藤さち(手芸作家/ワークショップ作家)
手芸や縫うことを媒介に、関係を紡ぐ場としてのワークショップを行なっている。
これまでの開催場所は美術館、森の中、道ばた、ブティック、カフェなど。
最近のおもな仕事に「近づく、離れる、縮まる、広がる森の中につくる空間」(練馬区美術館主催/ベルデ軽井沢の森)、「シルヴィアンのかざり」(こどもアートスタジオ主催/静岡県浜松市)でのワークショップのほか、表参道「文房具カフェ」のカーテン制作なども。

http://homamoh.com



8月17日(土)

江戸の娯楽、「飴細工」づくりに挑戦してみよう

アーティスト=手塚新理(飴細工師)

飴細工とは、熱でやわらかくした飴が冷えて固まるまでの短い時間に、
握りばさみで動物の姿などを美しく形づくる伝統技術。
江戸の人々が親しんだ娯楽に挑戦してみませんか?
手塚先生による作品のおみやげもつきます。


時    間:



①10:00-11:00
②11:30-12:30
③14:00-15:00
④15:30-16:30

定    員:

各回10名

持 ち 物:

なし(あれば飴を入れる小さめのクーラーバッグ)


|アーティスト紹介|

手塚新理(飴細工師)
千葉県出身。東京を拠点に全国各地のイベント、パーティーで製作実演や体験教室、オーダーメイド製作などを手がけ、圧倒的な技術力を誇る若き飴細工師。これまでの実績として、2011年8月テレビ東京系列「毎日かあさん」出演、世界体操東京2011 閉幕パーティー、フジテレビ ワールドカップバレー2011 歓迎パーティー、千葉県教育委員会や六本木ヒルズでの体験教室、東京都美術館 限定グッズ製作、スカイツリー東京ソラマチの広告写真用飴細工制作、国立木更津工業高等専門学校 特別講師ほか。
2013年9月、浅草に飴細工の店舗をオープン予定。屋号は「アメシン」。

http://ameshin.info



8月18日(日)

「夏の作曲会」 森の音楽と美術館の音楽をつくろう

アーティスト=蓮沼執太(音楽家)×菅俊一(映像作家/研究者)

illustration: Hisae Maeda

庭園と美術館を歩いて見つけたものをモチーフに、作曲家気分でオリジナルの音楽を作るワークショップ。
決められたルールが記された楽譜を使うので、初めての人でも大丈夫です。
最後は大きな木の下でのびのびと演奏発表会をしましょう。


時    間:

13:00-16:00

定    員:

24名 (森の音楽12名+美術館の音楽12名)

※15:00以降の演奏発表会はどなたでもご自由にご観覧いただけます。

持 ち 物:


楽器をお持ちの方はご持参ください。
タンバリン、カスタネット、ピアニカ、リコーダー、 トライアングル、フルート、バイオリン、ギターなど持ち運べる大きさであれば何でも結構です。


|アーティスト紹介|

蓮沼執太(音楽家)
1983年東京都生まれ。
音楽作品のリリース、蓮沼執太フィル/チームを組織して国内外でのコンサート公演、コミッションワーク、他ジャンルとのコラボレーションを多数制作する。音楽アルバムに4枚組CD『CC OO|シーシーウー』(2012年 HEADZ / UNKNOWNMIX)、舞台作品に『TIME』(2012年 神奈川芸術劇場、国立新美術館)、主な個展に『have a go at flying from music part 3』(2011年 ブルームバーグ・パヴィリオン|東京都現代美術館)、『音的|soundlike』(2013年 アサヒ・アートスクエア)。11月に神戸アートビレッジとNADiffにて個展を開催予定。2014年よりアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の招聘でアメリカ・ニューヨークに滞在。
現在、蓮沼執太フィルのスタジオレコーディングアルバムを制作中。

http://shutahasunuma.com

菅俊一(映像作家/研究者)
1980年東京都生まれ。
映像作家/研究者。人間の知覚能力に基づいた新しい表現の在り方を研究し、映像や展示、文章をはじめとした様々な分野で活動を行なっている。主な仕事に、NHK Eテレ「2355/0655」ID映像、modernfart.jpでの連載「AA'=BB'」、著書に「差分」(共著・美術出版社)など。2014年4月より多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の教員に就任予定。

http://syunichisuge.com


お申し込み方法:

DIC川村記念美術館イベント係まで、
お電話[043-498-2672]もしくはEメールにて、
参加を希望されるワークショップ開催日の1週間前までに以下の情報をお知らせください。
①お名前
②年齢
③性別
④電話番号(当日の緊急連絡用)
⑤ご希望のワークショップ名(「夏の作曲会」は森の音楽/美術館の音楽のいずれか)および時間帯
※先着順で定員になり次第締め切らせていただきますが、定員に満たない場合は当日でもご参加いただけます。