お知らせ

HOME > お知らせ

更新日:2014年5月1日

本イベントは終了しました

【講演会】吉岡幸雄氏「日本の伝統色~庭園の色彩に触れながら~」 6/21(土)
好評につき受付けを終了しました

日本人は古代より自然を崇拝し、四季の移ろいや草木花の美しさをとらえて詩に、文章に、そして自らがまとう衣裳にその彩りを写してきました。近年、様々な要因からこうした日本人の色彩感覚は失われつつあります。本講演会では、江戸時代から五代続く植物染の染屋の当主であり、日本有数の染織史家である吉岡幸雄氏に日本の伝統色についてお話しいただきます。化学染料が流行する以前に何千年も前より人間が培ってきた植物から色を得る技術や各時代の流行色などについてお話しいただく予定です。六月は当館の庭園の花も見ごろを迎えますので故(ふる)きを温(たず)ねつつ、新しき彩りに触れられたらと思います。


日  時 2014年6月21日(土) 12:45~14:45
料  金 友の会 2,500円、一般 3,000円(美術館の当日入館券つき)
予約受付開始日 友の会 4月26日(土)、一般 5月3日(土)
ご予約・お問合わせ 043-498-2672(イベント担当・望月)



吉岡幸雄

【吉岡幸雄氏のプロフィール】


「染司よしおか」五代目当主。植物染による伝統色の復元を専らとする。
2002年 日本の伝統色466色を植物染料で再現した「日本の色辞典」を刊行。
2010年 東大寺の伝統行事、国文学、国宝修復など幅広い分野への貢献が認められ菊池 寛賞受賞。
2011年 NHK放送文化賞受賞。

講演会当日のスケジュール
12:15~12:45 受付・当日支払(総合研究所 入口)
12:45~14:15 講演(会場DIC株式会社 総合研究所コンベンションホール)
14:15~14:45 吉岡幸雄氏と庭園散策(雨天時は講演)
14:45~ サイン会&物販会(美術館 レクチャールーム)

※美術館の駐車場、正門から講演会場までは約500mです。 (徒歩5分)
※会場内には吉岡幸雄氏の作品を展示しております。
※庭園散策は30分を予定しています。傾斜もございますので、歩きやすい靴でご参加ください。




チラシをダウンロード(PDF:3,131KB)

DICは日本に残る伝統的な色名を継承し、活用する目的で1978年から
カラーガイド「日本の伝統色」を刊行しています。

日本の伝統色

http://www.dic-graphics.co.jp/products/cguide/japan_8.html