7月2日(金)まで、美術館は改修工事のため休館中です。

  • 庭園エリアの営業については、下記をご覧ください。
  • 送迎バス、東京駅からの高速バスは運休中です。

詳細はこちら Click here for details

main_carl_andre.jpg

ミニマル/コンセプチュアル

コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術(仮称)

2021年秋開催予定

休館日:
月曜
主催:
DIC株式会社


カール・アンドレ《Wolke & Kristall / Blei Leib Leid Lied》1996年
ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館
© Carl Andre/VAGA at ARS, NY/JASPAR, Tokyo 2020 G2418

概要

ドイツのデュッセルドルフで1967年に画廊をオープンしたコンラート・フィッシャーは、同時代の新しい芸術の動向をいち早く紹介し、ミニマル・アートとコンセプチュアル・アートの国際的な展開において重要な役割を担いました。

本展ではフィッシャー夫妻のコレクションを所蔵するノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館の全面的な協力を得て、1960年代から70年代のアメリカ及びヨーロッパのミニマル・アート、コンセプチュアル・アートを中心に、国内初公開作品を含む約100点の作品や資料を展覧します。

 

出品作家(予定)

カール・アンドレ、スタンリー・ブラウン、ダニエル・ビュレン、ハンネ・ダルボーフェン、ヤン・ディベッツ、河原温、ギルバート&ジョージ、ソル・ルウィット、リチャード・ロング、ブルース・ナウマン、ロバート・ライマン など